肩こり・スマホ首

こんな肩こり・スマホ首の症状で悩んでいませんか?

  • スマホを見るとき頭を下げている
  • 肩コリで腕があがらない
  • 肩がコリすぎて頭痛がする
  • いつも肩がガチガチでかたい
  • マッサージをしても改善しない
  • 肩が痛くて家事や仕事がつらい

肩こり・スマホ首の原因

成人の頭の重さは、平均5kg(ボウリングの玉ほど)です。その重い頭を、背骨と細い首が支えています。
正しい姿勢のとき、頭は背骨と首にまっすぐ乗っていて、その重さは首や背骨の負担にはなりません。
しかし、パソコン作業やスマホいじりなどで、前かがみになる姿勢が続いた場合、背骨で頭を支える構造が機能しないまま、首と肩の筋肉のみで重い頭を支えなければなりません。
また、包丁などの道具を使うとき、人は通常、手首や腕を内側にねじった状態で力を使います。
これを続けると、肩が内側に入る「巻き肩」の状態になります。すると、肩甲骨が外側にズレ、背中が丸まり、さらに頭が身体より前に出て、首や肩の筋肉に負担がかかるという悪循環に陥ります。
こうした生活習慣によって「肩コリ」「首痛」「頭痛」などの諸症状が現れます。

当院で行う治療法

首痛や肩こりは、頭と身体の位置関係のズレが継続することにより引き起こされます。
そのため「巻き肩」や「猫背」を改善し、頭と背骨の位置関係を正常に戻していくことが大切となります。
ところが「巻き肩」や「猫背」の根本原因になっている箇所は、症状の出ている場所から離れていることがほとんどです。
当院では、その原因となっている箇所をていねいな問診と検査で特定し、原因を取り除くことで、「巻き肩」や「猫背」などを改善します。
姿勢を改善し、頭と身体の位置を正常に戻していくことで、諸症状は根本から改善されていきます。

Copyright © 太田あらいの森鍼灸接骨院 All Rights Reserved.