むち打ち症

こんなむち打ち・首痛の症状で悩んでいませんか?

  • 交通事故に遭ってしまった
  • 寝違えて首を痛めた
  • 首に違和感がある
  • 病院に行ったがむち打ち症が治らない
  • 首が痛くて動かせない
  • むち打ち症で吐き気や頭痛がする

むち打ち・首痛の原因

交通事故の追突事故などで、衝撃の影響を最も受けやすいのが首です。
よく耳にする「むち打ち症」とは、その名の通り、鞭がしなるような首の動きを強制された際に生じる頸部外傷を総じて指す、俗称です。不意を突いた衝撃が頚椎にダメージを与え、強い炎症が生じます。
脳へとつながる全神経の集中した頚椎を痛めた場合、そこを通る神経が圧迫され、自律神経などにも影響がおよびます。「全身倦怠感」「首の痛み」「腕・手のしびれ」など、全身に不調が現れる場合があります。
また、衝撃が大きいと、頸椎だけでなく背骨全体に炎症が起こることもあります。その結果、背中全体の筋肉が緊張を強いられ、次第に「腰痛」「肩の痛み」「張り」「頭痛」「吐き気」「全身倦怠感」などの症状が、全身に広がっていきます。
典型的なのが、事故後一週間ほど経過して症状の出るケースです。当院では、つねにそうしたケースも念頭におき、対応いたします。

当院で行う治療法

当院では、事故に遭われ、心身ともにダメージを負った患者様の不安に寄り添い、その支えになることをまず第一に考えます。
交通事故による症状は、多種多様です。患者様の症状や、日ごとの病状などを見きわめつつ、最適な治療を選択していきます。
例えば、「むち打ち症」の場合、患部に炎症の残るうちに手技は加えません。むしろ悪化しかねないからです。そのため最新の治療機器などを用いて、まずは炎症を鎮めていきます。
炎症が鎮まったのち、硬くなった筋肉を、手技や医療機器によってゆるめます。そののち神経に刺激を与え、傷んだ神経を修復していきます。

Copyright © 太田あらいの森鍼灸接骨院 All Rights Reserved.